outline

フェイスリフト

たるんだ顎のラインに対して、余分な皮膚を切り取り、リフトアップする治療法です。

「向いている人」と「向いていない人」について

向いている人
  • 口の両脇からあごに伸びる2本の線(通称マリオネットライン)が目立ち、顎ラインのもたつきが気になる人。
  • 顎の骨切りやエラへのボツリヌス療法で顔のたるみが目立ってきた人。
向いてない人
  • 皮膚の余りが少ない人。

「利点」と「欠点」について

利点
  • 顎周りのたるみがとれ、フェイスラインが施術前より細くなる。
欠点
  • 術後48~72時間は、バンテージ固定がはずせない。
  • 腫れは、抜糸後ひいていくが、こめかみの腫れが落ち着くまでには10~14日程度かかる。(ヘアースタイルにより、カバー可能)。
  • 傷は目立たなくなるが、消えることはない。
  • 耳たぶの感覚がなくなることがある。
  • 耳たぶの形が下に引っ張られ、手術前より下がって見えることがある。

施術の方法

  1. マーキングをする。
  2. 髪の毛を邪魔にならないように固定し、点滴を始める。
  3. 消毒し、注射の麻酔をする。
  4. 皮膚をマーキングに沿って切る。
  5. 余分な皮膚を切除し、頬側のSMASを耳の位置まで引っ張り、骨膜に縫いつける。SMAS一部は耳が下がらないよう、耳の後ろに回して軟骨膜に縫いつける。
  6. 更に余分な皮膚を切除する。
  7. 皮膚を縫合する。
  8. バンテージで固定する。(48~72時間はずせない)

施術内容の詳細

施術時間約3時間
ダウンタイム10~14日
抜糸7日目
術後の通院2,3日後(消毒) 1週間後(抜糸) 1・3ヶ月後

ダウンタイム詳細 ※一般的な経過であり、個人差があります。

傷の赤み3~6ヶ月
腫れ強い腫れが2~3日、10~14日で落ちつく。
洗顔バンテージをはずしてから可能(傷を濡らさなければ可能)
化粧傷にかからなければ可能
シャワー傷を濡らさないようにすれば当日から可能。洗髪は抜糸後から可能。
入浴1週間後から可能
運動2~3日後から適度な運動は可
その他術後48~72時間バンテージ固定。その後は抜糸まで就寝時のみバンテージを装着。

料金

フェイスリフト
¥700,000
備考 ※ 静脈麻酔代、薬代込み
※予めご了承下さい。
  1. 料金表は税抜き価格で表記させて頂いております。
  2. 別途診察料がかかります。
  3. 施術・手術後、患者様の状態により薬の内容が変更する事があり、それに伴い別途かかる薬の料金も変わる事もございます。
  4. 手術において、通常の静脈麻酔では効きが悪い方は「¥50,000」の麻酔を追加する場合があります。